NAVI

製品・技術情報

MENU

棒引抜き

{工程概要}

棒引抜き

棒鋼を素材として、ショットブラスト又は酸洗により表面処理し、引抜機で冷間引抜、矯正、切断された製品です。
線材を素材として、表面処理した後、引抜機で冷間引抜、矯正、切断を一貫して連続加工にて行う連抽式磨棒鋼の加工も行ないます。また、連抽式磨棒鋼では、PIC(コイル状のパイプ)を素材とした、パイプ引抜き加工も可能です。

「加工技術で詳しく見る」