NAVI

製品・技術情報

MENU

開発体制

エキゾーストマニホールドからマフラーまで排気システム全体と各要素部品の両方の開発を実施しています。
サイマルテニアス・エンジニアリングの推進により、開発を同時進行、短納期で量産品質をつくり込みます。

三五の開発プロセス

基礎技術

当社のコア技術である排気系設計には、長年蓄積してきた独自の音響ノウハウを活用しています。エンジン性能と消音という背反要件の両立が必要なマフラーの構造設計や、消音・浄化要素の最適配置などにおいて、このような比類ない基礎技術が駆使されます。

基礎技術

材料開発

製品や加工過程で要求される物性を満足させるために、独自の材料開発も行ないます。とくに、高温環境下で使用される排気システム用ステンレス材においては、素材メーカーと連携して高機能かつ低コストな材料を開発しています。

材料開発

システム開発

エキゾーストマニホールド、マフラー、触媒コンバータなどを最適配置し、トータルシステムとして機能、耐久性、重量、コストの目標をクリアするために、各部品をインテグレート。排気システムとしての最大パフォーマンスを達成しています。

システム開発

最適設計

設計部門は先行開発部門と製品設計部門で構成されており、相互に連携するとともに、生産技術部門や品質部門とも連携し、効率よく最適設計を実現しています。

最適設計

評価技術

製品の性能や信頼性を確認するために必要な全ての評価試験は社内で実施され、直ちに開発へ反映されます。また、CAE※による予測評価や最適化提案も併用し、質の高い解析評価を実現しています。
※CAE:Computer Aided Engineering

評価技術

品質企画活動

製品の機能・信頼性を確保するため、品質保証部門が製品企画段階から開発に参画し、品質のつくりこみを徹底します。また、開発過程の節目における品質監査を徹底的に行ない、後戻りなく確実な開発を推進しています。

品質企画活動