NAVI

環境づくりへの取組み

MENU

グローバル三五環境基本方針

基本理念

 地域社会と一体となった、個人から地球全体までの環境づくり

基本方針

 1.三五グループは基本理念の下、「製品を通じた環境づくり」、「生産現場の環境づくり」、「三五の

   森づくり」を通じて経済成長と地球環境保全の両立を図り、持続可能な社会の実現を目指します。

 2.法令・協定の順守はもとより、自主基準を定め実行します。また、ステークホルダーの要求等についても

   公正・誠実に対応します。

 3.適時適切に環境情報を提供し、ステークホルダーの安心・安全を支えます。

 4.社員一人ひとりの環境意識を高めるため、教育・啓発を行い、環境保全活動に貢献できる人材を継続的に

   育成します。

行動指針

 ①私たちは、お客様の環境価値に貢献する、高付加価値な製品・技術の開発に努めます。

 ②私たちは、開発、設計、調達、生産、物流、使用、廃棄に至るライフサイクルの全過程において、

  環境に配慮した製品・技術の開発に努めます。

 ③私たちは、ライフサイクルの観点をもって、つくり方の改革を通じ、省エネ・省資源、

  温室効果ガス・廃棄物・化学物質の排出削減など環境負荷を低減するものづくりに努めます。

 ④私たちは、グローバルで環境マネジメントシステムを構築し、環境リスクを管理し、経営戦略と

  連動させて汚染の予防と継続的な改善に努めます。

 ⑤私たちは、人と自然が共生する社会の実現に向けて、生物多様性の保全、自然環境の保護活動に努めます。

 

2017年10月8日
グループ環境委員会委員長
取締役  岡田 登